矯正歯科の症例紹介

ガタガタ、受け口 

受け口を主訴に来院されたTさん。 検査の結果叢生をともなう骨格性下顎前突(歯並びがガタガタ、骨ごと下顎が出ている)と診断。 手術を併用した矯正治療方法もありましたが、顎間ゴム(上顎と下顎左右の歯に引っ掛ける小さな輪っかのゴム)を併用した矯正方法で治療をすすめていきました。 表側からの装置で治療前に上下親知らずの4本抜歯しています。 治療の終盤Tさんには頑張って24時間、顎間ゴムを使用していただいたおかげで2年9か月で矯正治療は終了しました。

患者様について

年齢 20代 性別 女性
症状 ガタガタ, 受け口

初診時

初診時

現在

初診時

  • ページのトップに戻る