なぜ矯正治療が必要か?

Nice smile for Good life. 素敵な笑顔は、自分自身も、まわりの人も幸せにします。あなたが心の底から笑えるとき、それは愛する家族や気のおけない親友、そしてあなたの大切な人の前だからではないでしょうか。笑顔は心の解放です。あなたの最高の笑顔をもっと色んな人に見せることができたら、きっとあなたの知らなかった新しい世界が広がるはずです。しかし、歯並びや口元に自信がないことで一度きりの人生の可能性を狭めてしまうのはあまりにも惜しいと私たちは考えます。もっとうまく自分を表現できれば、もっと自信を持ってあの人と話ができれば・・・人と人とのコミュニケーションが重要視される現代社会だからこそ、笑顔はかけがえのない財産になるのではないでしょうか。あなたの内面と歯ならびは関係ありません。あなたの未来に広がる無限の可能性のために、岡下矯正歯科は全力で【あなたの笑顔を応援します。】

矯正は見た目を治すだけではありません。

たしかに矯正患者さんは100%、歯の凸凹や口許のイメージといった見た目のお悩みを抱えています。でも見た目以外に矯正治療でないと治せない大きな役割があるのです。

虫歯も歯周病も歯並びから?

虫歯も歯周病も歯の位置は重大なリスクファクターとなります。例えば、八重歯の凸凹の清掃不良は虫歯の原因になりますし、骨から張り出した八重歯の犬歯は加齢とともに確実に歯周病になっていきます。出っ歯の前突した歯ぐきは歯肉炎になりやすく、その奥歯はかみ合わせですり減り咬耗していることがほとんどです。

矯正治療では骨の中心から外れた歯の位置を移動させることで、上下の歯が正しい位置でシッカリ咬めるようにし、凸凹をなくし清掃性をアップさせ、その結果、見た目も良くなることで患者さんのお気持ちと身体の健康の両面に応えているのです。

歯を骨の中心に歯根を平行に並べることで咬み合わせを安定させる、これが矯正治療の歯科医学における役割です。なので、矯正治療はすべての歯科治療のなかの位置づけでは基礎治療の1つと考えられます。日本では健康保健の制度上ではハードルが高いイメージがあるかもしれませんが、本当は多くの患者さんにとって必要な治療なのです。

 

  • ページのトップに戻る