岡下矯正歯科が扱っている目立ちにくい矯正装置をご紹介。

tel0120-66-4187

休診日/月・木・日曜日(第2・4・5)・祝祭日

close

舌側矯正Invisible

舌側矯正

舌側矯正

「矯正装置は目立つから付けたくない・・・・・・」歯並びは気になるけど、装置の見た目がネックになって治療にふみ切れないという方、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。
そのような方にも、「諦めないで欲しい」「装置のことを気にせず治療を受けていただきたい」そんな想いから当院では、周囲から気付かれにくいリンガルブラケット矯正装置を使用した治療(歯の裏側に矯正装置を付ける方法)を行っております。

舌側矯正について

舌側矯正は、歯の裏側につけるタイプの矯正装置で、目立つことなく治療を行うことができます。営業職や接客業など、人と接する機会が多い方に適した治療方法です。歯の表側から行う矯正治療に比べて、治療が長くかかるといわれることがありますが、舌側矯正の場合でも同じように歯を動かし治療することができます。

舌側矯正のメリット・デメリット

  • メリット

    MERIT

    • 見た目が気にならない
    • 歯のエナメル質は、表側より裏側の方が厚いので、矯正装置を取り付ける際の接着剤による歯へのダメージが少ない
    • 前歯を後ろに引っ張って移動させるため、特に出っ歯の治療に合った装置
    • 矯正治療中にホワイトニングを行うことができる
  • デメリット

    DEMERIT

    • 矯正装置が舌に触れるため、発音がしにくくなる
    • 表側矯正に比べて治療費が高くなる
    • 舌側矯正を扱っていない歯科医院がある

費用も見た目も気になる方へ

上下ともリンガルブラケット矯正装置を使用した舌側矯正(歯の裏側に矯正装置)は、審美性の高い治療を行うことができますが、費用が高額になります。「費用を抑えながら、審美性の高い治療をしたい!」という方には、ハーフリンガルという治療方法をご提案しております。笑ったときに目立つ上あごの装置をリンガルブラケット矯正装置を使用し、比較的目立ちにくい下あごの装置をセラミック素材のマルチブラケット装置を使用することで費用を抑えて治療することができます。

ハーフリンガルのメリット・デメリット

  • メリット

    MERIT

    • 上下ともリンガルブラケット矯正装置(裏側の矯正装置)を使用した方法に比べて、費用が比較的低い
    • 上下ともマルチブラケット装置(表側の矯正装置)を使用した方法と比べて、目立ちにくい
    • ほとんどの症例に適用できる
  • デメリット

    DEMERIT

    • 下あごの装置はマルチブラケット装置(表側の矯正装置)のため、完全に見えないというわけではない
    • 上下マルチブラケット装置(表側の矯正装置)を使用した方法に比べて費用が高い
    • 舌触りに少し違和感がある

※上記の矯正装置は完成物薬機法対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用救済制度の対象外となる場合があります。

リンガルブラケット矯正装置Q&A

  • Q1: 言葉が発音しにくいと聞いたのですが、慣れますか?

    A: 多くの患者様はすぐに慣れて、スムーズに発音できるようになります。上下の前歯に舌があたるような場合に発音が難しくなることがありますが、しばらくすると普通に話せるようになります。ご安心ください。

  • Q2: 歯が磨きにくくありませんか?

    A: 歯磨き指導もさせていただきます。難しいテクニックなどは必要なく、一人ひとりに合わせた方法でお伝えしますのでご安心ください。

  • Q3: 抜歯は必要ですか?

    A: ケースによって抜歯の有無や部位は決まります。抜歯が必要な場合もあれば、抜歯が不要の場合もありますので、まずはお気軽にご相談ください。

  • Q4: 表側の矯正治療に比べて、長期間になりますか?

    A: 基本的には、表側の矯正治療も裏側に矯正装置を付ける治療もどちらも同じくらいの治療期間です。ケースによって差が出ることはありますが、装置によって差がでることはありません。

  • Q5: 舌側矯正の場合、治療期間はどれくらいですか?

    A: 基本的な治療期間は、平均1年半~2年半程度です。ただし、予約のキャンセルなどが続いたり、治療内容にご協力いただけない場合やケースによっては2年~3年かかることがあります。