岡下矯正歯科の歯科矯正用アンカースクリューを使った矯正治療をご紹介。

tel0120-66-4187

休診日/月・木・日曜日(第2・4・5)・祝祭日

close

歯科矯正用アンカースクリューOrtho-implant

歯科矯正用アンカースクリュー

歯科矯正用アンカースクリュー

矯正治療の中で、ピンのような小さなネジを顎の骨の中に埋め込む治療で、歯科ではTADとよばれることもあります。歯科矯正用アンカースクリューを固定源として治療を行うことで、従来に比べて患者様への負担を軽減することができ、より高い治療目標を設定することができます。

歯科矯正用アンカースクリューに
ついて

どのように治療するの?

正確な位置に埋入するために、治療前にレントゲン画像で埋入部位の確認を行います。その後、埋入部位に局所麻酔を打ち、埋め込んでいきます。麻酔をしていますので、治療中に痛みがでることもなく、埋入後はいつも通りの生活をしていただくことができます。埋入した歯科矯正用アンカースクリューが骨に根付くのを待ち、定着したことを確認した上で使用していきます。歯科矯正用アンカースクリューは矯正治療が終了すれば取り除きます。(基本的には麻酔なしで取り外すことができます)

注意事項

歯科矯正用アンカースクリューは、直径2mmほどの非常に小さなものですが、慣れるまでに違和感を感じる場合があります。気になって指で触ったり、舌で触る回数が多いとスクリューが定着しにくくなるため注意してください。他にも、清掃不足によって起こる歯茎の炎症で定着にくいこともあるためスクリュー周辺の丁寧な清掃が必要になることに加えて、もともとの骨が柔らかいと定着しにくいことがあります。

※上記の矯正装置は完成物薬機法対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用救済制度の対象外となる場合があります。

こんなときに使用します

こんなときに使用します
  • 抜歯後のスペースの閉鎖
  • 咬み合わせが深い場合に行う歯を沈める治療
  • 奥歯の咬み合わせのズレを治す治療
  • 歯や顎の中心がズレている場合
  • 抜歯ケースで非抜歯を希望されている場合
  • 倒れた歯を起こす治療

上記以外にも、様々なケースで使用することがあります。患者様のお口の中の状態や、ご希望に合わせたより良い治療方法をご提案いたします。

治療のメリット

  • 患者様への負担の軽減

    MERIT01

    患者様への負担の軽減

    患者様への負担の軽減

    歯科矯正用アンカースクリューを埋入することで歯をスムーズに移動させることができるため、従来の治療に比べて患者様にかかる経済的な負担と時間の負担(治療期間)を軽減することができます。

  • ピンポイントに治療ができる

    MERIT02

    ピンポイントに治療ができる

    ピンポイントに治療ができる

    従来の治療では、動かしたい歯がある場合、違う歯を固定源として治療を行うことがありました。その場合、固定源にしている歯も動いてしまうことがありましたが、歯科矯正用アンカースクリューを使用した治療の場合、固定源が顎の骨に埋入されていることで動かしたい歯のみを動かすことができます。

  • 患者様の協力に依存しない治療ができる

    MERIT03

    患者様の協力に依存しない
    治療ができる

    患者様の協力に依存しない治療ができる

    治療の中で、奥歯の咬み合わせがズレているのを治す際に、患者様に協力していただくことが必要になります。歯科矯正用アンカースクリューを使用した治療の場合、協力が全く必要なくなるわけではありませんが、患者様の負担を減らすことができます。

  • 外した後も跡が残ることがない

    MERIT04

    外した後も跡が残ることがない

    外した後も跡が残ることがない

    使用後の歯科矯正用アンカースクリューは、麻酔無しで外すことができます。また、埋入時の穴も自然に塞がり治っていきますので安心してください。

  • より美しい仕上がりになる

    MERIT05

    より美しい仕上がりになる

    より美しい仕上がりになる

    例えば、抜歯後の隙間を閉鎖していく際に、歯を固定源にして治療を行うと、本来は移動してほしくない固定源の歯も動いてしまうことがあります。固定源をアンカースクリューにすることで動かしたい歯のみを動かすことができ、抜歯スペースを最大限に利用することができ、より美しい仕上がりにすることができます。